ドリブル★マニア

ドリブラーのドリブラーによるドリブラーのためのサイト&サッカーのリンク集です


ドリブルが日本のサッカーの壁を打ち破る?


サッカーに限らず日本に蔓延するひとつの価値観。

それは「恥をかいてはいけない」というものです。

この「恥をかいてはいけない」「恥をかきたくない」という価値観が日本人の意識に
【失敗することを極端にきらう傾向】を植えつけてしまっていることは間違いのない事実。

日本人は「自己主張すること」、「突拍子もないことをすること」、
「リスクを負うこと」、「チャレンジすること」に対しとても臆病で敏感です。

日本のサッカーはここ数年で飛躍的に発展しました。


ドリブルをはじめ、パス、トラップなどのスキルは昔と比べ格段に上達しているはずですが、

いざ試合になると「失敗をしないこと」「ミスしないこと」という意識がムクムクと顔をだし、

中盤できれいにパスをまわすもののちっともゴールの予感がしない
サッカーに終始しています。

練習や遊びのなかでは見事なドリブルをするスペシャリストも
試合のなかではドリブルを封印しただのテクニシャンになりさがってしまっている
ことなんかは多々あります。

いわゆる「世界レベル」を舞台にして、
各年代の代表チームが守り切れない、攻め切れない試合を,繰り返してしまうのは

日本のサッカーが組織を重視するあまり、
(もちろん組織力は日本サッカーの生命線ですよ。)

サッカーが「1対1が11組の戦いであること」の事実に目を背けているからでは
ないかと思うのです。

1対1が11組があると単純に考えるとドリブルで一人突破すると 非常に有利な状況をつくれるわけです。

守る側にしてみてもパスしかない選手よりドリブルで仕掛けてくる選手のほうが
当然怖いわけです。

しかし日本人の場合ドリブルがうまくてもパスをだしてしまう。

さらに上のレベルを目指すのであればこんな当たり前のプレー、無難なプレー
から卒業しなくてはいけません。

「失敗を恐れないプレー」が絶対に必要になってくるのです!

相手が予想できない意外性にとんだ動きやひらめきのあるプレー。

これまで組織プレーを積み上げてきて、それでも解決し切れなかった部分。

詰まるところ、1対1のレベル(個人のスキルの向上)つまりドリブルが
日本のサッカーの前に立ちはだかる大きな壁を突き破ってくれると<思うのですが
あなたはどう思います?

→ドリブル★マニアTOPにもどる


【PR】職業調べに職業紹介図鑑